道端にマツがあったので、



葉をまじまじと見てみたんです。



上からも見ました。


マツの葉は見ての通り、

針の様な形の葉の木なので針葉樹


針の様な形状なので、

お互いの葉が遮光し合わず、

おそらく光合成のパフォーマンスは高いのだろうなと。


で、

針葉樹と言えばスギ


ということで、



ウォレマイ・パイン(ジュラシックツリー)を思い出したんだけど、

これは古くからある針葉樹なんだけど、



針葉と言えど葉の幅は広いし、

下の葉を覆う様に展開しているから、

光合成のパフォーマンスは高くなさそうだ。


それが時を経て、



若干斜め上を向くことで、

下の葉を完全に覆うことはなく、



個々の葉に満遍なく光が当たっている。


これってすごいことじゃね?

ってこのマツを見たときに思った。


常にどの葉も満遍なく