京都農販さんの定期勉強会で肥料の残留成分の影響の話をしました。


肥料を与えるにあたって、

残留成分が残ることを意識することが

どれ程の経費削減につながるか?

秀品率の向上につながるか?


そんな話をしました。


肥料の残留成分、

それは慣行だけでなく有機でも大事な話で、

大事なはずなのに意識されることが少ない。


関連記事

農文協の現代農業9月号の廃菌床の特集で紹介していただきました

施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる