植物の葉というのは光を欲するもので、

大半の植物では受光できないと生きていけない。

この衝撃の事実は小学生の理科で習っただろう。



よの中にはこんな感じでとにかく大きく、

周囲を覆いかぶさってしまう様な葉の植物がある。


これは木ではないので、

大半が葉の草である。


こんなにも大きな葉なので、

下にいる葉は大変迷惑だろう。


たまに日陰が好きだという控えめな植物がいるけれど、

冒頭で伝えた通り、大半の植物は受光したがっている。



こんな植物でさえ、

上に木があれば受光は難しいわけで…



おや!




葉のちょうど切れ目から後ろにいる植物が葉(枝)を伸ばしている。


強い!


後ろにいた植物は、

これから伸長すればするほど、前にいる大きな葉の植物を覆うことになる。



この植物の葉はこれ以上伸長することが出来ないので、

後ろの枝の伸長を阻止することが出来ない。


必ずしも葉を大きくして覆うよりも、

各葉は小さくして、シュートという形で柔軟に対応する。

脇芽を知って、挿し木を知ろう


葉は大きいからといって良いわけでない典型例だった。


争いは常にどこかで起こってる。