生きた化石、ジュラシックツリーと呼ばれる木と出会った。

ナンヨウスギ科のウォレマイ・パインという名前らしい。

ウォレマイ・パイン - Wikipedia


名前の通り、スギやヒノキの針葉樹みたいで、

通りからみたら確かに針葉樹っぽい。


せっかくなので近くで見てみると、



針葉樹っぽい。



針葉樹っぽい?




針葉樹というよりシダっぽくね?


とりあえず、

家のすぐ近くに針葉樹があるので葉を撮影してみると、



葉の細かさが全然違うなと。


長い歴史の中で

小さく細かくなることによって乗り越えられた困難が多かったのだろうな

とこの葉を見ていてそう思った。


小さく細かくなって光合成は劣ったと思うけど、

それでもなお得たかった事、

乗り越えたかった事というのは何だったのだろうな?