いつも通る河川敷。



セイタカアワダチソウの群生の中で赤丸で囲った箇所で花が咲いていない。



いつもの如く、ネナシカズラに寄生されていた。

誰が最後に巻き付くか?


ネナシカズラに寄生された株は養分を盗られて開花できなくなったのだろうけれども、何の養分がトリガーになったのだろうと考えさせられる。

リンか亜鉛か?


ネナシカズラからは様々な疑問が生じるものだ?

亜鉛欠乏と植物のオートファジー