サザンカが咲いていた。


なんて書いたけど、サザンカとツバキは形が似ていてイマイチ自信がない。

この株の下を見てみたら、



花びらとして散っていたので、

サザンカとして見て間違いなさそうだ。

散り方にこそ個性


というわけで、

改めて記事の投稿を開始する。





サザンカが咲いていた。

サザンカが咲くと、心地良い秋が終わりを告げ、

厳しい冬が訪れるという雰囲気になる。


そんな雰囲気の中で花を眺めていると、



何か蕊の規則が崩れている花というものがあるよね。


よくよく見てみると、



蕊の一部が花弁化しかかってた。

八重咲きは大事な雄蕊を代償として咲き誇る


この手の現象はさんざん見てきたから、

特に驚きもしないけど、


よくよく考えてみたら、

これって、



この花も花弁が増えているからあまり参考にならないけど、

受粉をする際に実はここまで蕊の本数は必要なくて、



どこまで花弁化しても大丈夫か、

株自身が綺麗さと実用性の天秤を常に行っている様に見える。


人はその中でより綺麗な花を選別しているから、

蕊が全くないような八重咲きが残っているけど、


世の中にある様々な花は、

こういったバランスを常に検討していて、

蕊の変異が入りにくくなった植物の花は

最適解を発見したから安定したのだろうか?

と思えてくる。


バラ科やツバキ科は花弁化の変異が多いけど、

蕊が多いから現代においてもその挑戦をし続けているとか

桜は平野神社で