昨日、京都では雪が積もった。

早朝、カーテンを開けたら外は雪でした


ぶらぶらと歩いていると、

とある空き地の前であるものが目についた。



積もっていても、

葉が強ければはやくに上にある雪を落として、


しかも、

周りが白くてライバルもいないから、

はやくに優位に立てる…



この時期って気温が低く、

光合成の量はたかが知れてるかもしれない。


まぁ、いいや。


優位に立てるとして、



こんな中で、

葉を触ると痛いぐらいに強靭なノゲシが、

早々に葉から雪を落とし、

半端なく葉を展開しているので、


ノゲシはやっぱり強いな。

なんて思った。


ノゲシは暖かくなった瞬間に、

茎を勢いよく伸ばして超が付くほど優性になるから。


逆境をうまく利用しているというやつね。

生き方の参考にしなければ!