昨日、NHKのサラメシという番組を見ていたら、

サントリーの方が水質調査の為に山に入るという内容だった。


この話の中で、

新たな湧水を発見するというシーンがあったのだが、

このシーンを見ていて、

ふと頭にこんな言葉がよぎった。


山の木は肥料分がほとんどないのに、

あんなにも大きく育つので

その状況を畑でも作りたいという。


でも、

湧き水を発見した時に、

山は肥料分がこんなにも多いのだなと感じた。


実際に放送されたものは表示できないので、


(写真:フリー写真素材ぱくたそ)


イメージにしておくけど、

放送での湧き水をアップにした時、


どう見ても、


記憶の中では真砂土は白かった


ピュアな花崗岩だった。


前にも似たようなことを書いたけど、

足元の土より遠くの山


湧き水というちょろちょろ状態で、

ピュアな花崗岩の上を流れていると、

この水がミネラル豊富なんだなと感じてしまう。


となると、

森のポテンシャルを得るためには、

窒素分云々言うよりも、

鉱物の新鮮さを重視した方が良い気がする。


あと腐植ね。


腐植もミネラルがあるから、

しっかりと光合成ができて腐植ができるとすると、


やっぱり、

鉱物ありきで腐植が次ってところかな。