河川敷にいたグリーンモンスターことマメ科のクズの上に薄い緑の葉の草が覆おうとしていた。



この葉、



このトゲトゲの果実はウリ科のアレチウリか?

大阪北部に引っ越してからはじめて見かけた。


アレチウリといえば、周辺の農地や生態系に悪影響を与える草として、発見次第速やかに除去すべき草として扱われている。

アレチウリ - Wikipedia


冒頭の写真では、アレチウリがクズを覆う面積が少ない為、おそらくまだここにたどり着いたばかりなのだろう。

今除去すれば広がらないのだろうけれども、クズの茂みに手を突っ込むのは嫌だな。



アレチウリは巻きひげを巧みに扱い、クズの上を覆うように展開しているので、いずれはクズを負かしてアレチウリだらけになるのだろうなと。



花にはスズメバチやアシナガバチがたくさん寄っていたので、それもたちが悪い。


関連記事

秋の七草としてのクズはどんな草?