京都農販のアドバイザーとして、

鹿児島中央付近のセミナールームで肥料関係者向け勉強会で講師をしました。

テーマは京都農販での基肥の施肥設計での背景にある考え方を主題として話し、

メジャーな肥料の残留性を肥料名から判断するといった内容を副題としています。


設計時にどのような理論を採用しているかを明確にすることによって、

フィードバックを効率的にしつつ、新技術の採用の判断も的確に行えるようになります。


これらの話を元にお互いに切磋琢磨し、

理想の手というものを探っていければと思います。


関連記事

尿素と塩化カリウムの肥料のとしての使いどころ