前回のSOY CMS ASP版運営プラグインの続き


ASP版でサイトやブログが運営出来るようになれば、

次に欲しい機能はASP版で使用できるお問い合わせやメルマガの機能だろう。


SOY CMSの標準機能では、

サイト毎にお問い合わせのデータベースを持つことが出来る設定があるので、

この設定を有効にすれば事足りるのですが、

SOY Inquiryのデータベースを各サイト毎に作成する(要PHP) - SOY Inquiryを使ってみよう

SOY Mailのデータベースを各サイト毎に作成する(要PHP) - SOY Mailを使ってみよう


今回はせっかくの機会なので、

SOY Inquiry(お問い合わせアプリ)等を含むSOY AppのUIを、

SOY CMSの3系のレスポンシブに合わせてみました。


具体的に説明すると、



SOY CMSの3系統から管理画面のUIがBootstrapベースのレスポンシブウェブデザインになりました。

Bootstrap · The most popular HTML, CSS, and JS library in the world.

レスポンシブウェブデザイン - Wikipedia


今回のバージョンアップで、



SOY App側でもSOY CMS 3系のようなUIとして出力されます。


このブログを投稿した時点で3系テンプレートで出力できるSOY Appは

・SOY Shopのサイトの新規作成画面

・SOY Mail

・SOY Inquiry(2018年12月11日追記)

になります。


SOY App側のSOY CMS 3系テンプレートの反映は

上記で紹介しましたSOY Appのバージョンアップを行う前に、

SOY CMSのバージョンアップを必ず行って下さい。


今回対応分を含んだパッケージは下記のサイトからダウンロード出来ます。

https://saitodev.co/soycms/