前回、道端のマツの幹で

地衣類が幹表面にはほとんど繁殖していないのに、

幹の割れ目に沿うように繁殖していることを記載した。

マツの幹の割れ目に住む地衣類たち


前回の続きで、

複数あるマツの幹の割れ目を見てみることにした。


その内で一番目立ったものが、



地衣類が繁殖しているであろう個所に、

更にコケが生えていたこと。


おそらくこのコケたちは、

幹表面の皮が地面に落ちても生育を続けるのだろうな。


マツと言えば、

荒れ地から森へと生態系が遷移する過程において、

草原のススキから林になりはじめの段階で生育する。


おそらく、

この割れ目に地衣類やコケが繁殖しはじめる過程というのが、

林から森への遷移において大事な過程になるのだろうな。


関連記事

コケとは何だろう?

砂地にたくさんの植物が生える