昨年末から、SOY Shopで




キャプチャのような掲示板アプリを簡単に設置出来るプラグインを開発している。

SOY Shopの顧客とマイページの機能を活用して、自由に投稿出来るWebアプリを手軽に設置出来る。


何故このような古くからある掲示板アプリを今頃になって作っているのか?

最近の情勢から特に中小企業でWebの活用が高まる中、古くからある掲示板アプリが真価を発揮するような気がしている。

元々SOY CMSにはSOY BoardというSOY Appがあるが、改修が大変だったので、SOY Shop上に掲示板を展開するようにした。

様々な依頼からこれからの働き方を見た


OSSでいくつか掲示板アプリがあったが、それらを選択せずに作り始めた理由として、

・常にPHPの新しいバージョンで運営したい

様々な形式のXMLを出力したい

・投稿の際にHTMLを使いたい

の3点がある。


特に重要なのが、様々な形式のXMLを出力で、サイトの解析ツールへのサイトマップXML登録はもちろんの事、SOY ShopでSOY Shop新機能紹介プラグインを作成しましたの記事で紹介したような新着投稿の通知を事細かく出し分けたい。


実際に掲示板アプリを作り始めて感じたこととして、HTMLの記述を有りにすると、XSS対策が難しい。

XSSの対応をすればする程、穴があるのではないか?と心配が消える事がない。

クロスサイトスクリプティング - Wikipedia


というわけで、掲示板アプリを試す準備はするが、あくまでローカル環境で動作確認程度に留めておいてください。

試す場合は、SOY Shopをバージョンアップ後にSOY Board on SOY Shopを有効にする。

掲示板アプリ構築プラグインはネットショップの機能を潰すので、このプラグインを試す場合は必ず新しいショップサイトを作成してからプラグインを有効にしてください


今回対応分を含んだパッケージは下記のサイトからダウンロード出来ます。

https://saitodev.co/soycms/soyshop/