もらったジャガイモを切ってみたら、



中はこんな感じで褐色になってた。


調べてみたら、

どうやら褐色心腐という生理障害っぽい。


これは肥大期に高温、

もしくは乾燥状態におかれると発生するらしく、


要は

夏から秋に向けての時期に雨が少なく灌水しない

もしくは

土壌の保水性が少ない箇所で栽培すると発生するらしい。




ジャガイモってさ、

あまり堆肥を突っ込まないところで栽培するでしょ。


そうなって、

雨の少ない年になるとこの手の障害が発生する。


だけど、

他の草で土を覆っている状態になれば、

土が極端に乾燥するという状況は避けられる。


前に


緑肥のヘアリーベッチの底力


ジャガイモ畝の端にヘアリーベッチを育てると秀品率が上がる

という結果をどこかで見たけど、


案外、今回の症状の改善なのかもね。


追記

今回の症状が褐色心腐でなければ、お問い合わせにてご指摘ください。