ツバキのボタン咲き

俗に言う八重咲きですな。

花は受粉するためにあるのではないかと


ツバキは他の植物よりも八重になりやすいらしい。


八重咲というのは、

上の写真の様な花弁が多くなる変異で、

基本的に雄蕊(おしべ)が花弁に変異したものを指す。


具体的に見ていくと、



このどちらかと言えば花弁が少ない種を見てみると、

雄蕊が非常に多く見える。


この雄蕊が、




こんな感じで、

本来雄蕊がある箇所から花弁が発生している。


この変異は

ナデシコ→カーネーションや

八重桜も同様の現象で発生する。


八重という変異は、

園芸史において非常に大事なことらしいので、

花を愛でる上でこれは押さえておきたい。