先日、

自転車で京阪出町柳駅前を通過した時、

駅前に北野天満宮の盆梅展の看板があった。


そういや、

去年、北野天満宮に行って珍しい梅を見つけたな。

(行ったのは3月中旬)


というわけで、

去年、偶然撮影できた梅を載せようかな。




北野天満宮はどんな背景かよくわからないけど、

とある貴族が関与していて、

その貴族が梅を愛したとか何とかで、

神社内に梅の木がたくさん植わっているらしい。


ウメと言えば、

日本で愛されている園芸種の一つで、

そりゃもういろんな品種が出ているわけで、

北野天満宮にもたくさんの品種のウメがあった。




で、

望遠レンズで適当に花を撮りまくっていたんだけど、



この写真ね、

撮影した後、一番右の八重咲の花になんか違和感を感じたから、



こんな感じでアップしてみたら、



まさに八重の変異が起こりつつありますよ

という写真が撮れてた。


八重咲と言えば、

雄蕊(おしべ)が花弁に変異するのが一般的で、

今回のウメはまさにおしべの先端が花弁になりかかっているもの。

八重咲きは大事な雄蕊を代償として咲き誇る


管原氏よ、

愛した梅には高度な植物学の要素が満載だったぞ。


北野天満宮 - Wikipedia