~前回のあらすじ~

土砂には腐植が混じっているかもしれない。

腐植?

腐植ってなんだよ?

土砂はどこから来たんだい?


腐植は読んで字のごとく、植物が腐ったもの



落ち葉や木の枝が土にいる微生物によって分解され、

土に還っていく途中段階の有機物である。


本によっては、

家畜糞等も腐植として扱うことがあるけれども、

半分正しくて半分なんか違うかな?というイメージ


牛の糞の中には餌として食べた草の未消化分とかあるわけだから、

牛糞の中に土に還る途中の土が全くないかといえば、

そうではないということを安易にイメージできるため、


牛糞も腐植として扱っても問題はないと思うけど、


今後のことも考え、

腐植は植物の死骸が土に還る途中段階の有機物として捉えておきたい。


でだ、



草が繁茂しているところの下には腐植ありということで、

土にとって腐植はどんな影響を与えるのか?と言えば、


今回の記事で詳細を記載するのは省くけど、

保肥力や緩衝性が上がったり、

腐植が多い土だと作物の根張りが良くなったりする

と言われている。


つまりだ、



濁流の水に、

鉱物以外にも腐植とかも潤沢に混じっていると良いな

って話。