とある木の下で様々な植物が生えている個所があって、

そこで淡い青色が目立っている。



アサガオの花が咲いていた。

葉が丸葉なのでマルバアサガオだね。

青い花といえばヘブンリーブルー


木の下といえど、

背の高い草がちらほらとある中でアサガオが目立っているというのは、

当然、アサガオが他の植物に巻き付いて優勢になっているからだけれども、



巻きつきの中で凄いのが、



これ。


背の高い一本の穂( or 花茎)では飽き足らず、

二本の穂に贅沢に巻きつきながら、

アサガオはより高い場所で花を咲かせる。


巻きつかれた方ももっとのびのびと穂を広げたがっただろうに。


アサガオというものはなんとも容赦しない植物だ。


狭まった穂間にちゃっかりクモの巣が出来ていたりする。