一昔前の秋の花といえば?


一昔前の秋の花といえば?の続き


フジバカマ、オミナエシに引き続き、ミツバチの秋の蜜源に成り得る花について調べてみることにした。

秋の七草で満開の花を咲かせる植物として思い浮かぶのが、




低木でマメ科のハギで、低木だけあって、相当の蜜量になる。

ハギが自生している条件を考えてみると、ハギは肥料木であって、これから林になるようなところに生えるはず。


であれば、


森林の縁から木々の棲み分けを学ぶ


オミナエシ同様、ハギの自生域が里山の端になるというこで、ミツバチにとって里山の縁が大事であることがわかる。

ミツバチが野菜の花の花粉を媒介するのであれば、里山が減りつつある状況はよろしくない事態であることは間違いなさそうだ。


関連記事

いもち病対策の要のMELは何から合成されるか?