横浜市某所、

とはいっても新横浜駅周辺の話だけれども、

新幹線が停車する新横浜の少し先から長い緑道がある。


その緑道には木がたくさん植わっていて、



そこには木で敷居された落ち葉の回収箱がある。

※木で枠組みされているので底はない


最終的には



周辺の土と混ぜたのだろうか?

木の枠を外して土の山が出来ていた。


公園毎にあったら良いなと思う反面、

木の枝やプラゴミが混入する可能性もあるわけで、

回収のモラルが問われる問題でもあるな

とふと思った。


この木箱は数年前から緑道の各所で見かけるので、

出来た土はどこかの街路樹の土の更新なりで使われているのだろうな。


関連記事

道路や公園の清掃後