カテゴリー : 農薬

ブログ内検索
 

病気の予防は昆虫を意識し、昆虫から学べ

先日、大阪市立自然史博物館で開催中の特別展昆虫に行ってきた。 連休中ということもあって中は非常に混んでいた。 博物館の前で女の子がポスターを見て、カマキリ先生と言っているのを見ると、 Eテレの香川照之の昆虫すごいぜ!は偉業を成したと実感する。 香川照之の「人間よ、昆虫から学べ」という名言がある。 材料工学において昆虫の模倣というものは非常に重要で、 薬学において昆虫から抽出した物質も重要で、 昆虫の研究というのは年々重要度が増していく。 そんな中、昆虫展が混雑して...

Read More…

 

殺菌剤に病原菌の滅菌作用があると期待することが問題だ

どこで見たかは定かではないが、 農薬の開発者の言葉で、 畑で病気が発生し、畑全体に蔓延した状態になったら、殺菌剤で進行を止めることは難しい というものがある。 とは言え、日々の作業が忙しくて、病気の出始めを発見(早期発見)は難しい。 だから後手にまわって、畑全体で病気が蔓延した時に殺菌剤を使用してしまうといった話を良く聞く。 ここでふと気になったことがある。 こと京都株式会社さんで病気の話をしましたで触れた内容になるが、 殺菌剤を文字通り、病原菌が液体に触れたら消...

Read More…

 

モミラクトンの分泌量の増加を追う

イネから発見されたイソプレノイドのモミラクトン 前回の記事でイネの根からモミラクトンという物質が分泌されていて、 モミラクトンには抗菌性やアレロパシー活性があると記載した。 抗菌性というのはいもち病への耐性あたりで、 モミラクトンの分泌を促進できるような資材があれば、 栽培はもっと楽になるのではないか? というわけでモミラクトンについて更に調べてみると、 加藤 尚 イネの根からのアレロパシー物質モミラクトンの分泌 根の研究(Root Research)25 (1):5-...

Read More…

 

イネのサクラネチンはいもち病菌に対して抗菌作用を持つ

HiCさんによる写真ACからの写真 苦味や渋みのタンニンまでの記事の流れからわかる通り、 ポリフェノールについての興味が日に日に増している。 ポリフェノールの理解が深まると、 日々の食事が豊かになることはもちろんのこと、 土についての理解が深まるのではないか?と期待している。 ポリフェノールという難題に手を付ける為に、 羊土社から出版されている基礎から学ぶ植物代謝生化学という本を購入して読み始めてみた。 この本は植物が合成する様々な物質をどのような物質を経...

Read More…

 

殺菌剤とブドウの品質

地形と土壌とテロワールに引き続き、ワインの原料となるブドウの品質について。 河出書房新社から出版されている新しいワインの科学という本に農薬とブドウの品質の話題があった。 農薬を使用するとワインの品質に影響があるか?というもので、 ボルドー液を例に話が進んでいた。 ボルドー液といえば、硫酸銅と消石灰を混合して作成した殺菌剤の事で、 銅の強い結合力に期待した農薬となっている。 銅の機能を活かした農薬、ボルドー液 チョコクロワッサンさんによる写真ACからの写真 ...

Read More…

 

ナミハダニに対するプラントアクティベータ

農研機構のプレスリリースを眺めていたら、 (研究成果)トマトなどの虫害を天然物質で予防 | 農研機構というものを見かけた。 タバコ由来の天然物質であるロリオライドをトマトの葉に与えたところ、作物の重要害虫であるナミハダニ、ミカンキイロアザミウマやハスモンヨトウの生存率と産卵数の低下が確認できたとのこと。 ロリオライドは直接的な殺虫作用は持たないので、プラントアクティベータとして働いたということがわかった。 これはとても明るい未来に繋がる研究成果であって(他の研究成果も同様に未...

Read More…

 

ホウレンソウとダニの話

食品残渣系の堆肥にダニが湧いたの記事で、 ダニのことが話題に挙がったけれども、ダニの事がまったくわからず予想ができなかった。 というわけで、 朝倉書店から出版されているダニのはなし -人間との関わり-という本を読んでみた。 一通り読んでみて、 栽培者が知っておくべきことがいくつかあったので今回はそれを紹介する。 ホウレンソウを食害するホウレンソウケナガコナダニの話 その名の通り、ホウレンソウの葉を食害するダニではあるが、 このコナダニは...

Read More…

 

クオラムクエンチングで軟腐病や青枯病の被害を減らせるか?

作物の病原性細菌たちのクオラムセンシングの続き。 前回の記事までで、 栽培で非常に厄介な軟腐病菌と青枯病菌はクオラムセンシングという仕組みで、 周囲で仲間が十分数増殖できたことをきっかけに病原性の物質を合成して宿主である作物を攻撃する。 仲間がある程度の増殖は周辺のクオルモンの濃度を見ている。 このメカニズムに関して興味深い論文を発見した。 青枯病菌 Ralstonia solanacearumのクオルモンによる病原性発現 土と微生物 Vol.60 No.2,pp.91〜...

Read More…

 

作物の病原性細菌たちのクオラムセンシング

前回の記事で、 細菌らが何らかのアクション(たとえば宿主に対する毒素の生成であったり)を行うきっかけとしてクオラムセンシングというものがあるという紹介をした。 クオラムセンシング クオラムセンシングは腸内細菌叢で頻繁に挙がる用語だけれども、 栽培でもクオラムセンシングを見ているものがあるのではないか? ということで検索してみたら、 クオラムセンシングの農業への応用 日本農薬学会誌 33(1), 90–94 (2008) という論文に行き着いた。 細菌らが周辺に自分の仲間が...

Read More…

 

クオラムセンシング

みすず書房からこれからの微生物学 マイクロバイオータからCRISPERへという本が出版されていたので読んでみた。 ちょっと前まで権利の問題で世間を騒がせていたCRISPER-Cas9を微生物学的な視点から応用までを丁寧に説明していたり、 CRISPER - Wikipedia バイオフィルムやクオラムセンシングといった私が学生の頃に教科書に載らなかったような内容がまとまっていたのが良かった。 バイオフィルム - Wikipedia クオラムセンシング - Wikipedia ...

Read More…

 

未熟な鶏糞内に含まれるであろう抗酸化作用

植物にとってビタミンB6とは?の続きまでの記事で、 ビタミンB6が活性酸素に対して抗酸化作用があることがわかった。 今まで見てきた活性酸素は電子を多く持って不安定になった酸素や水が、 更なる安定を求めて、他の物質から電子を抜き取る作用があって、 取られた物質は電子を取られることによって脆くなる。 電子は糊付けの意味を持っていると捉えれば、 電子を取られることで崩壊するすることはイメージしやすい。 量子力学で生命の謎を解く 抗酸化作用のある物質とは、 活性酸素にいち早...

Read More…

 

藍藻から発見された植物の芳香族アミノ酸等の合成を阻害する糖

とあるサイトでシアノバクテリアから発見された糖にシキミ酸回路内の酵素を阻害するものがあったという論文の紹介記事があった。 写真:ねこのしっぽ 小さな生物の観察記録より引用 シアノバクテリアとは酸素発生型の光合成を行う細菌のことで、 古い呼び名では藍藻と呼ばれている藻類?である。 藍藻類のユレモはゆらゆらと動く シキミ酸回路といえば、 Journal of Pesticide Science 6 〔1},February 1981 112ページより引用 植...

Read More…

 

シアナミドは土壌の細菌にも効果があるのか?

前々回の石灰窒素の作用機序で石灰窒素の主成分であるシアナミドの作用機序を調べ、 前回の酵母でのアセトアルデヒドの耐性で最もシンプルな真核生物の酵母でのシアナミド経由で蓄積されるアセトアルデヒドに対する振る舞いを調べた。 元々の話の発端は緑肥のヘアリーベッチが根からシアナミドを分泌するということから、 土壌消毒の代替として晩秋からヘアリーベッチの栽培は可能であるか? というものだった。 今抑えたい症状が四万十の話題で頻繁に挙がったショウガの根茎腐敗病等や、 以前からずっ...

Read More…

 

酵母でのアセトアルデヒドの耐性

前回の石灰窒素の作用機序の記事で 石灰窒素の主成分であるシアナミドの作用と、 アセトアルデヒドの毒性について触れた。 シアナミドの作用によって蓄積されるアセトアルデヒドはDNAやタンパクと結合といった重大な影響を与えることがわかった。 おそらくこの毒性は細菌等の原核生物や動物、植物やカビ(酵母)等の真核生物関係なく、 DNAを持つすべての生物に影響を与えるはずだ。 菌と細菌について 更なる理解を深める為に検索していたところ、 出芽酵母のアセトアルデヒドに対する細胞応答と耐...

Read More…

 

石灰窒素の作用機序

土壌消毒として緑肥の栽培はどうか?で緑肥のヘアリーベッチに土壌消毒の代替になる可能性があるのではないか? という内容を記載した。 この話の背景として、 ヘアリーベッチには強力なアレロパシーがあり、 周辺の草の発芽を促して枯らすという報告があることがある。 ヘアリーベッチの根からはシアナミドが分泌されるという報告があり、 シアナミドというのは土壌消毒で用いる石灰窒素の有効成分でもある。 ヘアリーベッチが土壌消毒の代替になるか?を判断するためには シアナミドの作用がどのよ...

Read More…

 

土壌消毒として緑肥の栽培はどうか?

前回のエンドウの寒さへの強さの秘密はどこにあるのかい?の記事を作成している時にふと思ったことがある。 前回の草は○○エンドウという名前が付いている草だと思うけれども、 緑肥のヘアリーベッチの底力 緑肥でこの草の仲間にヘアリーベッチという草がある。 このヘアリーベッチという緑肥はマメ科で根粒菌との共生で窒素固定が出来るだけでなく、 根から分泌されるアレロパシーで周辺の草を抑え込む。 アレロパシーの仕組みは どうやら周辺の草のタネの休眠を早期に打破し、 適切な...

Read More…

 

青枯病の原因菌について調べてみた

ポリフェノール鉄錯体と酸素供給剤で青枯病の発生を抑制で、 芳香族カルボン酸 + 二価鉄 + 過酸化カルシウムで青枯病の発生を抑制できる研究結果の紹介をした。 上記組み合わせで強力な酸化作用のある活性酸素が青枯病の原因菌を殺菌するというのが抑制の仕組みとなる。 活性酸素による殺菌であるならば、 おそらく他の菌でも同様のことが言えるはずだということで、 青枯病の原因菌を知れば様々な応用も出来るはず ということで青枯病の原因菌について調べてみることにした。 青枯病の原因菌...

Read More…

 

ポリフェノール鉄錯体と酸素供給剤で青枯病の発生を抑制

SNSのタイムラインを眺めていたら、 とても印象に残った研究のプレスリリースがあったので 今回はその研究成果が広まって欲しいという願いを込めて紹介する。 紹介したい研究結果というのは、 Generation of hydroxyl radicals by Fe-polyphenol-activated CaO2 as a potential treatment for soil-borne diseases Cláudio Kendi Morikawa Scientific Repo...

Read More…

 

食用キノコから発見されたストロビルリン

ネギのべと病もストラメノパイル 前回、ネギ栽培で厄介なべと病に触れた。 べと病はフハイカビという卵菌類由来の病気であることを記載した。 べと病でいろいろと読んでいたら、 べと病対策で頻繁に使用されているとある農薬の作用点が目に付いた。 有効成分がアゾキシストロビンという農薬だ。 食用キノコ(シメジ)から発見されたストロビルリンと同様の作用がある。 ストロビルリンの作用点はミトコンドリア内の複合体Ⅲを阻害して、 生物の電池であるATPの合成を阻害して死滅...

Read More…

 

ネギのべと病もストラメノパイル

ショウガの根茎腐敗病とストラメノパイルで ショウガの根茎腐敗病は卵菌類という原生生物由来の病気であると触れた。 ショウガの根茎腐敗病の対策の前に、 他の作物で卵菌由来の病気がないか?調べてみることにした。 で、色々と振り返ってみたら、 ネギのべと病も卵菌由来の病気であった。 ※上の写真はべと病の初期症状だとされる べと病で振り返ってみると、 亜リン酸カリの葉面散布が有効であると以前触れた。 亜リン酸肥料、再考 もし、亜リン酸カリが卵菌に対し...

Read More…

 

乳酸菌バクテリオシン

前回の軟腐病対策としての乳酸菌由来の農薬で、 乳酸菌由来の農薬の開発の研究内容に触れた。 作用機構を見ると、 ・バクテリオシン ・作物の免疫向上 ・病原性微生物との競合 の3種を紹介していたが、 一番目のバクテリオシンは主因ではないと記載されていた。 なぜバクテリオシンが主因ではないのか? バクテリオシンについて調べてみることにした。 検索の前に少しだけ触れると バクテリオシンというのは乳酸菌が自身の群に他の菌が侵入してこないようする為の抗菌作用のある物質の総称...

Read More…

 

軟腐病対策としての乳酸菌由来の農薬

乳酸菌のことを調べていたら、 乳酸菌Lactobacillus plantarumを使った微生物農薬の開発 日本農薬学会誌 40(1), 12 日本農薬学会誌 という論文が引っかかった。 読んでみると、 ハクサイの軟腐病用の農薬として触れられていた。 対軟腐病 農薬と言えば、 作用機構が気になるところで読み進めてみる。 乳酸菌といえば、 By Photo Credit: Janice Haney CarrContent Providers(s): CDC/ ...

Read More…

 

鱗翅目の幼虫が真っ白になっていたんだって

写真を掲載することができないのだけれども、 ちょうど2年前あったりにSNS経由で知人から一枚の写真が届いた。 その写真は有機栽培をされている方の畑が4年目を迎えたあたりで、 畑にいた作物を食害する鱗翅目の幼虫の至るところから白い菌糸が出ている写真だった。 その姿は ※図はhttp://www.silk.or.jp/silk_gijyutu/pdf/8-4_5setsu.pdfの144ページ目より引用 カイコの白きょう病にそっくりであった。 ※上の写真の下の方 ...

Read More…

 

サナギタケの胞子はどこにいる?

虫に寄生するキノコの冬虫夏草 先日の投稿をSNSに投稿したら、下記のようなコメントが返ってきた。 /**************************************************/ サナギタケ、たまに見ますね。むかし、腐葉土入れたらハウス内でも結構出ました。確かに土の中で殺す手段があれば、ヨトウ対策にはベストですね。業界にそまってしまうと、ヨトウは土の中に潜むからなかなか防除できない、と固定観念が染みついてしまって。そんな自分の頭に渇を入れていただきました。 /...

Read More…

 

グラスエンドファイトと天敵でヨトウの被害を減らせるか?

グラスエンドファイトのアルカロイドに頼りたいの続き イネ科植物と共生する菌でグラスエンドファイトというものがあり、 グラスエンドファイトが合成するアルカロイドには、 植食性の昆虫に対して致死性、もしくは食害抑制がある。 この効果をヨトウの被害の対策に出来ないか?と調べていたところ、 エンドファイト活性のあるイネ科の緑肥のタネが既に販売されていることを知った。 芝・緑化・緑肥 | 品種検索 | ペレニアルライグラス | アフィニティ - タキイ種苗 今回はこの続き ヨト...

Read More…

 

グラスエンドファイトのアルカロイドに頼りたい

グラスエンドファイトとヨトウの記事で、 共立出版 基礎から学べる菌類生態学という本で、 グラスエンドファイトに感染されているホソムギをヨトウの幼虫に餌として与えたところ、 非感染植物を与えた場合に比べて成長が著しく抑制された。 という内容が記載されていたことを紹介した。 この話題を挙げた背景として、 /**********************************************/ 今年はヨトウの被害がひどかったという方が多かった。 ヨトウというのは...

Read More…

 

畑作の間に稲作をかますということ

土作りをせずに強い肥料で無理くり栽培までもっていたとか、 作物の旬を考慮しない栽培が終わった後や 過度な連作の後は 客土で川砂を入れる意義再び 次作は畑作ではなく水田をかませ という話をよく聞く。 畑作の連作で土壌の酸化が進んで排水性等が向上していたかもしれないけれども、 それらのメリットを犠牲にしてでも水田をやるべきだと言う。 メリットは大きく3つで 1つ目は残留した強い生理的酸性肥料を水田に水を入出することで濃度を下げること 生理的酸性肥料って何? ...

Read More…

 

バリダマイシンA再び

酵母とトレハロースで菌の細胞内でのトレハロースの働きについて触れた。 トレハロースは菌が高ストレス環境におかれた際に、 細胞内でトレハロースを急ピッチで合成する。 トレハロースはエネルギー源であるグルコース(ブドウ糖)をつなげて、 安定な形(エネルギー源として利用しないということ)にし、 高ストレス環境で生理的に重要な酵素等のタンパクの不活性に対して、 タンパクの間に入り込んで安定な状態にする。 という働きがあった。 菌が高ストレス環境から抜けるとトレハロースは速...

Read More…

 

クチクラ層は何からできている?

一般展着剤の界面活性 展着剤の話題の時にクチクラ層という名称が何度も挙がった。 クチクラ層というのは植物系の教科書ではワックス層と表現されることが多く、 ワックスの特徴で撥水性ということになる。 界面活性作用を持つ展着剤を使用すると、 クチクラ層の持つ撥水性は幾分緩和されるわけだけれども、 そもそもクチクラ層は何の物質で構成されているか? という話題がほとんど挙がらない。 学部と院のどちらも植物系だったにも関わらず、 ふと思い返してみるとクチクラ層がなんであるか?と...

Read More…

 

一般展着剤の界面活性

前回の展着剤とは何だろうで残った話題の一般展着剤だけれども、 界面活性を利用して葉表面にある水を弾く性質を弱めて薬効のある成分が溶けている水分を長いあいだ留めておくようにする。 今回はこの界面活性について見ていくことにしよう。 界面活性といえば洗剤で利用される現象で、 ミセル形成を見ておくと良いだろう。 界面活性に関与する物質の特徴は、 片方は疎水性を持ち、もう片方は親水性を持つもので、 この特徴を持つ物質が水の中に大量に投入すると、 こんな感...

Read More…

 

展着剤とは何だろう

食酢の農薬的な使用の際には展着剤を 前回の記事で植物の葉の表面にはクチクラ層というワックス層があって大半の液体は弾いてしまう。 農薬や肥料分も水溶液なので一様に弾かれてしまう。 ※クチクラ層の特徴により一部例外あり 散布した農薬が弾かれないように展着剤というものを併用すると良い というのが前回の内容だった。 というわけで展着剤について見ていくことにする。 展着剤の定義は下記の通り /*******************************************...

Read More…

 

食酢の農薬的な使用の際には展着剤を

食酢と重曹 前回の食酢の農薬的な利用(アブラムシ等の防除)として利用する際は、 展着剤を一緒に混ぜておかないと、 アブラムシ等が食酢をかわして効果を発揮しない という話題が挙がった。 展着剤というのは今までの農薬の使用でも何度も話題に挙がった(ブログでは紹介していない)ので、 せっかくの機会なので展着剤に触れてみることにする。 まず、展着剤に触れる前に 植物の基本的な特徴に触れてみると、 植物の葉を横から見て、 葉の表面には水を弾くワックス層がある。 ...

Read More…

 

食酢と重曹

菜園ナビ公式イベント『楽しく学ぼう!第2弾 in 関東』で基肥の話をしましたで、 アース製薬の方が農薬についてのアレコレの話をされていたのですが、 様々な人が知ってほしい非常に有用な情報でした。 その中で特に印象的だったのが、 食酢と重曹の農薬っぽい利用がある。 食酢というのはCH3COOHで表される食用で利用できる酢酸である。 重曹というのはNaHCO3でこれまたベーキングパウダーにも利用されるもの。 酢酸は弱酸性を示し、 重曹、食酢の病害防除…/奈良県公式...

Read More…

 

大多数を占める日和見菌の振る舞い

数年前、モーニングという漫画雑誌で 『もやしもん(13)<完>』(石川 雅之)|講談社コミックプラス 農学部を舞台とした農学漫画があった。 農学部といっても酒造関係なので厳密にいうと農芸化学科だろう。 主人公は地味ではあるけれども、 菌を表紙のような形状で見ることが出来、コミュニケーションすることも出来るため、 当然、こんなスキルを教授陣はほっとかないだろうと、 入学早々、酒造系の研究室の教授にスカウトされ研究室に入り浸る という異例の展開を繰り広げる。 こ...

Read More…

 

農薬の開発と病原菌の耐性獲得、再び農薬の開発へ

酸アミド系殺菌剤ペンチオピラドを含め、 殺菌剤の開発者と使用者の話を見聞きしていると話題に挙がりやすいのが、 せっかく効きの良い殺菌剤が販売されたのに、 病原菌が耐性を獲得して効かなくなった。 耐性菌に対して新たな殺菌剤が開発され市販されても、 また新たな耐性菌が現れ効かなくなった というもの。 これを聞いて思ったのだけれども、 効きの良い殺菌剤が市販される→みんな使い始める→過剰に使う(乱用する)人が現れる 地域のとあるほ場で耐性菌が現れる ※過剰な...

Read More…

 

酸アミド系殺菌剤ペンチオピラド

2年前に京都市内の某所で、発生してしまったら止めることの出来ないと考えられていた黒腐れ菌核病を肥料と農薬の組み合わせて侵攻を止めた話があった。 京都市内で起こったすごいこと 侵攻を止めた背景に 黒腐れ菌核病の原因菌である糸状菌が低いpHで活発になるという情報があったため、 生理的塩基性肥料を用いて土壌のpHを高めて原因菌を苦手な環境に追い込み、 弱体化したところでペンチオピラドという殺菌剤を使用して伝染を止めた。 最近も有効成分がペンチオピラドの農薬の話題がちらほらと挙がるの...

Read More…

 

バリダマイシンAのポテンシャル

前回挙げたバリダマイシンAというトレハロースの分解阻害の農薬だけど、 先日、とある農薬会社のサイトで興味深い記述を見つけた。 バリダマイシンAという殺菌剤 今回はその記述を紹介する。 先日、対軟腐病の記事で植物自身の免疫を刺激することができるプラントアクティベータという農薬の話題が挙がり、 プラントアクティベータの作用があるものとしてプロベナゾールが挙がった。 防御の植物ホルモン、サリチル酸 プロベナゾールの推定作用点を見ると Dr.(ドクター)岩田の...

Read More…

 

バリダマイシンAという殺菌剤

最近よく聞く農薬でバリダマイシンAというものがある。 ネギやニラといった地上部だけカット収穫して、根を残して再生したところで再び収穫するような作物で、 カット収穫後に消毒という意味合いとして使用するという話をよく聞く。 話題に挙がったら可能な限り調べておくのが当サイトの方針なので、 今回も例外なくバリダマイシンAを調べておく。 はじめに構造を見ておくと、 バリダマイシンA Ⅰ.評価対象農薬の概要 - 環境省より引用 3個の六炭糖が炭素-窒素結合?とグリコシド結合...

Read More…

 

殺菌剤の標的とSH酵素阻害

マンゼブ Ⅰ.評価対象農薬の概要 - 環境省より引用 前回の亜鉛を含む農薬の作用をI-W系列から考えてみるで亜鉛を含むマンゼブという農薬を見て、 実際の作用の話に入る前に金属酵素全般の話を書いた。 マンゼブの作用を改めて記載すると、 ジチオカーバメート系の殺菌剤であり、SH酵素や金属酵素を阻害することにより殺菌活性を有すると考えられている ということだった。 とりあえず、SH酵素阻害から触れてみることにする。 SH酵素阻害と言えば、 銅を含んだ農薬のボルドー液の際...

Read More…

 

亜鉛を含む農薬の作用をI-W系列から考えてみる

先日、マンゼブという農薬の成分の話題になった。 マンゼブというのは、 マンゼブ Ⅰ.評価対象農薬の概要 - 環境省より引用 分子式が(C4H6MnN2S4)xZnyで表されるマンガン(Mn)、硫黄(S)と亜鉛(Zn)を含んだ化合物である。 分子式をざっくりと見たところ、亜鉛(Zn)が遊離してイオン化しやすいだろうと予想している。 作用機構を見ると、 ジチオカーバメート系の殺菌剤であり、SH酵素や金属酵素を阻害することにより殺菌活性を有すると考えられている。 ...

Read More…

 

抗生物質ストレプトマイシン

放線菌と協働して軟腐病を減らすまでの記事で放線菌が放出する抗生物質の話題には触れてきたけれども、抗生物質そのものには触れていない。 というわけでそろそろ放線菌から初めて発見、抽出されたストレプトマイシンという抗生物質を見ることにする。 By NEUROtiker ⇌ - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link ストレプトマイシンをWikipediaから抜粋すると、 /********************************************...

Read More…

 

放線菌と協働して軟腐病を減らす

菌と細菌についてまでの話題を経て触れたかった問題として、 軟腐病の蔓延を阻止したいというものだった。 軟腐病菌はグラム陰性の通性嫌気性の細胞で、 増殖が速く?、有効な殺菌剤がないとされている。 通性嫌気性とは? 今までの記事で軟腐病の被害を減らすために 植物本来備えている免疫作用を刺激して、感染時に備えることで被害を減らす という手が有効らしいということがあった。 軟腐病菌の侵攻を止めるには? 防御を強化してから、感染時に殺菌剤で対応する。 そうすれば、確度は相当...

Read More…

 

菌と細菌について

良い土の匂いは放線菌によるもの?で放線菌の話に触れた。 有機農業では放線菌の活発な土壌は良い土壌という認識があって、 確かに放線菌は、 ・好気性環境(酸素多め)で活発になりやすい ・カビ(菌)の外殻であるキチン質を積極的に分解する酵素を分泌する ・細菌に効く抗生物質を合成するものがいる といった特徴があり、 作物にとって栽培しやすい条件で増殖しつつ、 一部の土壌微生物が過剰に増殖することを防ぐ役割を果たすように見える。 それを踏まえた上で、再び放線菌の説明を読むと、...

Read More…

 

良い土の匂いは放線菌によるもの?

師のところで栽培を学んでいる時、 事務所を開放して栽培者向けの勉強会を開催したことがある。 紅土と黒ボクを見て思い出す師の言葉 招いた先生から下記のような事を教えていただいた。 良い土の土の匂いは放線菌によるもので…(以下略) この話は後にも時々見聞きするものだった。 更に農薬の話でもちょくちょく放線菌は登場する。 というわけで、 今ここで放線菌について見ておくことにする。 まずはWikipediaから放線菌の文章を抜粋してみると、 /************...

Read More…

 

軟腐病菌の侵攻を止めるには?

前回までの記事で、 栽培者にとって非常に厄介な軟腐病菌の生理的特徴を確認した。 通性嫌気性とは? 次に知るべきことは、 軟腐病菌が寄生先の植物に侵入する際の武器(酵素)を止める手段を植物側が持っているかどうか?だ。 具体的には侵入用の酵素を阻害する物質が存在しているかどうか? 対軟腐病 軟腐病菌が植物を攻撃する際に使用する酵素はペクチナーゼと呼び、 植物の細胞壁同士を結合させているペクチンという多糖類で、 ペクチナーゼは植物のペクチンを溶かす(分解する)ことによって寄生...

Read More…

 

グラム陰性の細菌とは?

前回の対軟腐病で(ネギの)軟腐病の原因菌を調べた。 結果は下記の通り、 細菌名はエルビニア・カロトボーラで、グラム陰性の通性嫌気性の細菌である。 ペクチナーゼという酵素を使って寄生した植物の細胞壁を弱体化させながら侵入する。 病気を調べると菌と細菌という文字をよく見かけるけど、 菌と細菌の違いはなんぞや? という疑問は一旦置いといて、 細菌は菌よりも細胞がシンプルで、増殖速めという前提で話を進める。 さて、細菌名とちょっとした特徴を得たところで、 最初の鍵であるグラ...

Read More…

 

対軟腐病

先日の肥料講習会での質疑応答で京都農販の木村が返答した内容が非常に印象に残った。 京都市肥料講習会で基肥と予防の話をしました 質問内容は 毎年ネギの黒ぐされ病に悩まされている。 一度発生してしまったら、農薬はほとんど効かず、全滅を覚悟しなければならない。 何か良い手はないか? それに対しての返答として、 微生物全般を学び、微生物には得意な環境でなければ増殖出来ないルールがあることを知りました。 黒ぐされ菌核病の原因菌を畑に入れないことはもちろん大事なのですが、 入ってし...

Read More…

 

アミノ酸、タンパク質と生命活動の化学

最近、アミノ酸について調べているわけで、 アミノ酸の話題に触れていると普通に出てくるのが側鎖の構造で、 タンパク合成の材料となるアミノ酸を集めただけでも20種類あって、 20種類分の側鎖を覚えるのは定期テストでもない限り難しい。 次によく出てくる話題は、 アミノ酸によって中性であるか?酸性であるか?塩基性であるか? という水に溶けた時のpHの話で、 ここらへんの解釈は農学で生化学を受講した時や、 細胞学でタンパクの合成を学んだ時には話題に挙がらない。 どうにか簡単にイメ...

Read More…

 

防御の基礎は芳香族のアミノ酸にあり

防御の植物ホルモン、サリチル酸で植物ホルモンのサリチル酸はフェニルアラニンというアミノ酸か、コリスミ酸から生合成されると記載した。 元々、サリチル酸の生合成を調べるきっかけになったのが、 とある本でチロシンというアミノ酸からサリチル酸が生合成されるという内容を読んだからで、 今回はチロシンとフェニルアラニンというアミノ酸を調べたくなった。 By Benjah-bmm27 パブリック・ドメイン, Link チロシン - Wikipedia チロシンはR(側鎖)がHO-ベ...

Read More…

 

防御の植物ホルモン、サリチル酸

前回の記事で、 アミノ酸の一種であるチロシンに酸素を加えてちょこっと反応を続けるとサリチル酸という物質になる。 このサリチル酸というのは植物ホルモンの一種である。 という内容を記載した。 個々のアミノ酸は植物にどのような効果をもたらすのか? このサリチル酸の作用を調べれば、 植物においてチロシンというアミノ酸がどのような作用であるか?を理解することができるはず。 By Image:Aspirin-skeletal.svg originally by Benjah...

Read More…