シロザの下葉があまりにも赤くてまでの記事で植物問わず、様々な色素に触れてきた。



カロテノイドの生合成の記事で、黄から赤までの色相のカロテノイドが様々な装飾を経て、どのように色が変化していくのか?を見た。

色の変化を見てきた今ならば、



土壌のpHによって花弁の色が変わるアジサイについて、より深く理解ができるかもしれない。

アジサイが青色の花を咲かせている




アジサイの花弁で重要なのは、


Yikrazuul - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, リンクによる


デルフィニジンというフラボノイドだ。

デルフィニジン - Wikipedia



フラボノイドは上記のような2個のベンゼン環(両端の六角形)を3個の炭素(上の図の2、3,4の箇所)で繋いだものを基本骨格とし、デルフィニジンも該当する。

デルフィニジンはフラボノイドのうち、アントシアニジンに含まれる。

※アントシアニンという似た用語があるが、これは後触れる事にする。

ポリフェノールとは何か?フラボノイド類


アントシアニジンの基本的な性質として、上のB環に何の基が付くか?によって色が変わるとされる。

※デルフィニジンはB環に3個の水酸基(-OH)が付与されている。


ここいらの話は一旦置いといて、フラボノイドの合成について見てみる。




これからの内容は羊土社 基礎から学ぶ植物代謝生化学の53ページを参考にして話を進める。


芳香族のアミノ酸であるフェニルアラニンからp-クマル酸が合成され、クマル酸にCoAが付与された

補酵素A - Wikipedia

サクラのアレロパシー


GFDL, リンクを改変


p-クロマイルCoAに

4-クロマイルCoA - Wikipedia


NEUROtiker - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, リンクによる


マロニルCoAが三個付与され、

※三個のCoAの部分は付与されず、マロン酸の箇所(左側)が付与され環状となる

マロニルCoA - Wikipedia

マロン酸 - Wikipedia


GFDL, リンクを改変


ナリンゲニンカルコン(カルコン)になる。

カルコンの中央を環状にすることで、


GFDL, リンクを改変


フラボノイドの基本骨格であるフラバノンができる。

フラバノン - Wikipedia


ぷぅさんによる写真ACからの写真


カルコン、フラバノンの色は黄色で、ここから更にアントシアニジンになり、右の環(B環)にヒドロキシ基(水酸基、-OH)やメトキシ基(-OCH3)が付与されることで青色へと変化していく。

花き研究所:フラボノイド | 農研機構