苔類のコケをマジマジと見てみた


前回、苔類の葉を接写で見てみた。

苔類の群衆をよくよく見てみると、

所々の草が黒っぽくなっていた。


葉が枯死するのだろう。


枯死しかかっている個所に目を向けてみると、



苔類の葉の黒い個所でキノコが生えていた。



ゼニゴケの下は砂利が敷き詰められたところだから、

このキノコはゼニゴケの葉から養分をとっているということで間違いないだろう。


コケにはリグニンが無かったはずだから、

キノコに分解されたものは土の主要な要因ではないだろうな。

コケとは何だろう?

枝は腐植になるか?


どちらにしろ、

何の変哲もない砂利の上で生態系が形成されているのを見るとなんか良いな。

白色腐朽菌とトリコデルマの戦い