ノアズキの花が咲いていた。

初秋に咲く黄色い花の群生にハナバチが集まる


ノアズキの花周辺でハナバチがたくさん飛んでいた。

ハナバチはノアズキの花の蜜を集めていた。

ハナバチとノアズキの挙動をマジマジと見ていたら、




ハナバチがノアズキの奥に顔を突っ込んだ時に、まるで人が隣の人と肩を組むように蕊がハチの頭の裏側に回り込んで、複眼のちょうど上辺りの顔の左上にちょんと花粉を当てた。

ハナバチは花粉を主の栄養源にしているはずで、花粉も持ち帰ることをよく見るけれども、ノアズキのハチに持っていかれる量は少なく、洗練されているように見えた。


花粉の製造もそれなりのコストなので、花の方も多くの花粉を持っていかれたくないのだろう。

ノアズキは上記のような感じで進化してきたのだろうとひしひしと感じた。

開花させることが前提のレンゲを栽培する時に注意すべきこと再び