はぐれハギは究極のしなりを得る


いつも通っているところにいるハギたち。

結実もして、そろそろ生の終盤を迎える時。



おや?



真ん中のちょい右あたり



遠くからでもわかった。

一部の株が黄化していた。

イチョウの黄化は我々に何かを語りかける


老化かもしれないけれど、

他の株はまだ緑なので、

この株だけ欠乏症になっているんだろうな。


下の方から発生した枝の欠乏症なので、

窒素かマグネシウム欠乏か?

肥料成分としての窒素(N)

苦土と書いてクド。マグネシウムのこと


どちらの欠乏でも良いとして、



遠くからでもわかる黄色は、

こちらに何かしらの助けを求めている様で、

実際にそのシグナルに目がいってしまった。


植物は動物とコミュニケーションを取りたがっているに違いない。

赤い葉は上にいる鳥への意思表示にみえる


人はハギを牛に飼料として与えていたらしいけどね。