先日の牡丹咲きのアサガオに引き続き、変化朝顔の話



札を見たら黄南天葉剣咲(きなんてんばむらさき)と記載されていた。


この花、6枚の花弁と思いつつ、

すべての花弁がつながっている。


丸い花のアサガオの特徴をなくすことなく、

まるで6枚の花弁の様に見せる。


やはり、

昔は花弁がバラバラだったけど、

長い進化の過程で互いの花弁が融合したんじゃないか?って思えてくるな。

アサガオの丸い花は調整されなかった結果なのか?


次の記事

遣唐使が生薬として持ち帰った朝顔の種