建物の生け垣でサザンカらしき低木を見かけた。

生け垣は陽が当たりやすい時間帯があったり、家で日陰になったりと、日当たりが強いように見えて、陽と陰が極端だよね。

シイ林の林床で触れたようにサザンカの耐陰性と花の綺麗さが生け垣としてよく植えられる要因なのかなと。


蕊が見えるサザンカ(もしくはツバキ)の花を見ると、



蕊をマジマジと見たくなるよね。



やはり、雄しべが花弁になりかかっている箇所があった。

雄蕊の本数だけ挑戦できる


話は戻るけれども、耐陰性の強いサザンカが強い直射日光を受けるのは、サザンカ自身にとってストレスが大きかったりしないだろうか?

シイの木が優先種にならない地域があるらしい