第57回朝顔展@京都府立植物園最終日

京都府立植物園ではまだ変化朝顔の展示が行われている。

更に職員が言うには、

8月下旬から9月上旬あたりに珍しい品種のアサガオの花が咲く傾向があるとのこと。


ということで、昨日言ってみたら、

本当に珍しい品種のアサガオの花に遭遇出来た。



札には

青抱縮緬柳葉藤水色縞筒白撫子采咲牡丹と書かれていた。


前半の葉の形状はおいといて、

後半の咲き方だけど、

撫子采咲牡丹(なでしこさいさきぼたん)となっている。

諸々の特徴は下記の記事を読んでもらうとして、

紫吹掛絞石畳撫子采咲


撫子だけど、


カワラナデシコを探せ

※この写真はカワラナデシコです


今回の花は花弁の先に切れ込みが入っていて、

カワラナデシコの様に見える。


裂けたり、切れ込みが入ったり、

アサガオの花は様々な形質を見せてくれるね。


次の記事

獅子咲きのアサガオ