コスモスの時期である。

なぜか畑地や水田であったところで、

コスモスが咲き乱れているということが時々ある。


コスモスは食用じゃないのに、

畑地で咲き乱れているんだよね。


花農家に転身したの?

と言えばそうではないし…


コスモスが一通り咲いたら、

刈り倒し鋤き込んでまた栽培を開始する。


ちなみに刈り倒し鋤き込むというのが、



こんな感じで育った植物を刈り倒し、


(この写真は草を刈り倒して、乾燥してから耕起している)


刈り倒したところをトラクターで走って、

土に刈り倒した植物を混ぜ込む行為で、

(トラクターで倒しながら耕起し、植物の葉を混ぜ込む方法もある)



植物由来の有機物を土に混ぜ込みたいがために、

あえて植物を育ててから鋤き込む手法がある。


この時育てる植物を緑肥と呼び、



コスモスや、



エンバクは緑肥として扱われている。


有機物投入の観点でいくなら、

何故、コスモス畑は他の緑肥ではなく、コスモスを選んだの?

という純粋な疑問が発生すると思うが、

それはまた別の機会で。


自分たちの未来は自分たちで決める