収穫の秋

至る所でイネが収穫されている中、



とある芝生では、



誰にも収穫されず、

鳥にも食われずで穂に実が付きっぱなしになっている。


イネだって、

せっかく実をつけたのなら、

それを地に落とし、

来年発芽してほしいだろうに、


なまじっか、

コメというものは体積が大きく目立つものだから、

収穫されたり鳥に食われたりと大変である。


しかも、


稲穂を見ながら、太古の人たちに思いを馳せる


成長の自由さもない。


穂の毛が短く、

収穫しやすいから選抜されたイネ。


何だかなぁって思ってしまったよ。