公園を歩いていると、



赤丸で囲った切り株に目が行った。


なぜ切り株に目が行くか?

切り株に注目しているのは?は下記の記事にまとめてあるのでこれ以上は触れず話を進めると、

切り株は白色の菌糸によって中心から朽ちる



切り株から数本、草が生えていた。



それはもう綺麗に一本立ちしている芽生えだった。

この草は単子葉だ。

緑肥を使いこなす前に


この環境は堆肥でいうところの、

木質の割合が非常に高いC/N比の高い環境になるわけで、

このような条件下で三本の芽生えがあった。

廃菌床の堆肥としての利用の注意点


今回の切り株は隣の木々と繋がっているものだと思われるから、

おそらく根は生きているだろう。



この草の根が、木の根に到達したら

養分の面においてパラダイスな環境なのかもしれない。


この根が木の根に到達する前の間に、

草の根が幹の内側を物理的に貫くだろうから、

木が朽ちるという過程で草の根の貢献は大きいのだろうな。

目の前に広がるエノコロたち


なんてことを思った。