9月の終盤に差し掛かってきたので、近所にある林に行ってみたら、




おそらくブナ科のアベマキのドングリが落ち始めていた。

個人的にアベマキやクヌギはドングリの先発組というイメージがあるので、今年もまたドングリの季節がやってきたのだなと。

道端に大きなドングリが落ちていた


今年も地図を片手にドングリ拾いに行きますか。


関連記事

森林の縁から木々の棲み分けを学ぶ

若山神社のシイ林

アカガシのドングリを探しに本山寺へ

ブナを探しに大阪北部の妙見山へ

森林の保水力を考えたの続き