曽爾高原はススキの連作障害に困らなかったのだろうか?の続きで

帰りに奈良公園の若草山に寄ってきた。


若草山の駐車場から山頂へ歩く道で、




やたらと赤い土が目立つなと。

若草山山頂の地質を調べてみると、


20分の1日本シームレス地質図


約1500万円前〜700万年前に噴火した火山の岩石(安山岩・玄武岩類)と記載されていた。

安山岩が風化して出来た赤い土になるのかな?


日本列島が現在の位置に形成された頃の火山になるのね。

日本列島誕生。大陸からの分離


二上山や曽爾高原の時もそうだったけれども、

奈良には火山だった場所が所々にあるのね。

凝灰岩の採石場跡に行ってきた


関連記事

夜久野高原の宝山の火口付近で赤い土を見た