黒糖肥料の記事で話題に挙がった

肥料袋に必ずといって良いほど記載されているN:P:K


これはN(窒素)、P(リン酸)とK(カリ)がどれだけ入っているか?の指標であり、


たとえば、



N:P:K = 5:10:5の肥料があり、


この肥料が100kg内に、

N(窒素)が5kg(5%)、リン酸が10kg(10%)とカリウムが5kg(5%)入っていることになる。


なるほど、

ある作物では、収穫までに窒素が10kg/10a必要だとすると、

この肥料を200kg施肥すれば良いことになる。


当然、窒素だけではダメなので、

リン酸やカリウムの方もしっかりと見て、

いろんな肥料をうまく配合して施肥しなければならない。


ちょっと待ってくれ。


ここで言う窒素ってなんだよ?


窒素は窒素を含む化合物のことで、

タンパク、核酸やヘムも窒素を含むから、当然、窒素に含まれるわけで…




栽培で窒素と言えば、

農協が指導の際に用いる硫安(りゅうあん)が一般的で、


硫安とは硫酸アンモニウムの略で、

化学式は[NH4]2SO4である。

硫酸アンモニウム - Wikipedia


化学式の前の方のアンモニウムイオンに窒素(N)を含んでいるね。

ということで解決するかと思いきや、


ここで先日の黒糖肥料を見てみると、


黒糖肥料 4kg :株式会社京都農販

(ラベル:株式会社農産アグリーンのサイトより引用)


黒糖肥料はN:P:Kが5:0:2になってるけど、

ここでいう窒素(N)は絶対に硫安ではないよな?


どちらというよりもほぼ、


腐植は動じない


アミノ酸のNだよな?

(アミノ酸のアミノ基の箇所が硫安と共通)


再度、硫安の構造と比べてみると、



簡単なところから比較してみても、

硫安はカルボキシル基を持っていないので、保肥力を高める効果は見込めない。

劣化で減った保肥力を増やせ


つまりは、

黒糖肥料のNは作物に吸収されなかったとしても、

他の肥料効果を高めることが期待でき、


硫安のNは作物に吸収されなかったとしても、

他の肥料効果を高めることは期待できない。


となると、

黒糖肥料は作物から多少離れた箇所に施肥してしまっても、

他の効果が十分に見込めるし、

微生物の餌としてPEONの増量が見込める。

土とは死骸の塊である


一方、硫安は作物に吸収されなかったらそれっきりで、

おそらく降水で成分が流れてしまうだろう。


これらを踏まえた上で、

黒糖肥料と硫安の窒素(N)を同じ窒素(N)と解釈しても良いのだろうか?


単刀直入に言ってダメだろ。


おそらくここの解釈から脱却しないと、

土壌診断とかをベースにシステム開発をしても水の泡になってしまう気がする。


補足



他の窒素肥料:尿素 - Wikipedia