カテゴリー : 植物の形/page-1

ブログ内検索
 

花に対して葉が少なすぎやしないかい?

道端に葉が4枚のアサガオが花を咲かせていた。 葉が4枚にも関わらず花を咲かせることができるのね と感心した。 どこに花を維持するための養分があるのだろうか? 撮影した時間が遅く、花は既にしぼんでいる… いやいや、 この写真は早朝で、 実はすぐ近くに他のアサガオがあって、 そのアサガオはまだ花を咲かせていた。 花弁を広げ続けるのにも 相当のエネルギーが必要なのね。 アサガオは自家受粉なので、 花弁がすぐにしぼんでも問題はないか!

Read More…

 

葉がとても紅いヤブガラシ

ざっそう|福音館書店 ざっそうという絵本がある。 これは道端の草に視点を当てた本で、 身近で見られる様々な草が登場する。 この本にはヤブガラシという草が登場する。 ヤブガラシといえば、 栽培環境は草達が教えてくれる よくわからないけれども、 栽培者にとって良い土になると自然と消える草で、 環境指標植物として扱っている。 話は戻って 絵本の中でヤブガラシが登場すると、 「これはヤブガラシじゃない」という意見が挙がる。 絵本の中では、 ...

Read More…

 

刈り取られたイネがひこばえとして蘇る

近所の稲作の収穫後の水田で、 ひこばえが生え始めていた。 ひこばえが獣を引き寄せる 見ての通り、 周辺は若干浸水していて土壌全体で酸素が少ない状態なのだろう。 そんな中で、 刈り取られて弱っているのに、 改めて葉を生やし生き残ろうとする執念というものは凄いものだと感心する。 このストレス環境下において、 地下部の還元状態の土壌でも守りを固めているのだろうか?と 先日投稿した植物の根への酸素の運搬とROLバリアの内容が頭に浮かぶ。 刈り取られたイネ...

Read More…

 

良い土にはふんだんに酸素が入るもの

前々から疑問に思っていたことがある。 良さは矛盾の中にある フカフカの栽培にとって良い土になって、 土の中に酸素が行き渡るということがあるけれども、 拡散のみで酸素が土の中に行き渡るのだろうか? ということ。 良い土は植物の根も土壌中の微生物も活発になるため、 土全体の酸素の消費量は増える。 このような条件下で土壌中に十分な酸素が行き渡るのだろうか? この疑問を一気に解決させてくれるのが、 先日話題に挙げたROLだった。 植物の根への酸素の運搬とROLバ...

Read More…

 

植物の根への酸素の運搬とROLバリア

小さな池の真ん中で 前回の記事でおそらくヒエの仲間と思われる草が、 水位の低い池で生育していた内容を記載した。 水位の低い湿地で生育できたとしても、 草である以上、根も呼吸するわけで、根でも酸素を要求する。 湿地で生育する有名な作物としてイネがあるけれども 背丈が整っていることのすごさと違和感 イネの根ももちろんのこと、根は酸素を要求する。 これらの湿地に強い植物は、 葉や茎から吸収した酸素を通気組織を介して根に酸素を送る機能が発達しているとされてい...

Read More…

 

有刺鉄線をものともしない

道沿いにフェンスがあった。 フェンスの上には有刺鉄線がはられている。 このフェンスに ヤブガラシが巻きついていた。 ヤブガラシの執念 ヤブガラシはフェンスを伝って上へ上へと伸長していく。 このヤブガラシにとってh, 有刺鉄線なんて関係ない。 有刺鉄線にも巻きつきながら上へ上へと突き進み続けた。 有刺鉄線には鳥も止まらないだろうから、 ヤブガラシにとっては物理的に切られるであろう要因も減ってパラダイスのようなところだろう。

Read More…

 

切り株の内部を果敢に攻める草たち

公園を歩いていると、 赤丸で囲った切り株に目が行った。 なぜ切り株に目が行くか? 切り株に注目しているのは?は下記の記事にまとめてあるのでこれ以上は触れず話を進めると、 切り株は白色の菌糸によって中心から朽ちる 切り株から数本、草が生えていた。 それはもう綺麗に一本立ちしている芽生えだった。 この草は単子葉だ。 緑肥を使いこなす前に この環境は堆肥でいうところの、 木質の割合が非常に高いC/N比の高い環境になるわけで、 このような...

Read More…

 

乾燥して茶色

先日、上の写真のものを頂いた。 年季の入った切り干し大根だ。 この切り干し大根を見てふと思った。 フリー写真素材ぱくたそ ダイコンはあんなにも白いのに、 切り干し大根って茶色だよな。 この茶色というのはやっぱりリグニンなのだろうな? とこの切り干し大根を見て思った。 褐色腐朽菌のいるところではリグニンはどうなるか? 切り干し大根は干している間に水分がとんで、 白っぽい色の面積が減って茶色が目立ったのか? 白っぽいもの(おそらく繊維質...

Read More…

 

ヒノキ科スギ属の植物を求めて

ヒノキ科ヒノキ属の植物を求めてのの続き 話の発端は、 生きていた化石のメタセコイヤ メタセコイヤ並木でメタセコイヤを見た。 メタセコイヤというのは生きた化石として扱われている植物で、 ヒノキかスギの祖先だと考えられている。 このような情報があれば、 ヒノキやスギの葉をマジマジと見たくなるのが人の性 というわけで、 前回はおそらくヒノキ属であろう葉を探してみた記事を記載した。 今回は、 おそらくスギ属であ...

Read More…

 

ヒノキ科ヒノキ属の植物を求めて

生きていた化石のメタセコイヤ 先日、メタセコイヤの並木を見に行った。 メタセコイヤを分類学的に見ると、 ヒノキ科(またはスギ科)メタセコイヤ属の落葉樹で、和名はアケボノスギ、もしくはイチイヒノキと呼ぶらしい。 メタセコイヤ - Wikipedia このような情報を見たら、現在のヒノキと比較したくなるのが人の性でしょう。 というわけでヒノキやスギを探してみることにした。 といっても、 日常生活でヒノキやスギを見つけ、 しかも脚立抜きで葉を撮影出来るような木を探すのは大...

Read More…

 

生きていた化石のメタセコイヤ

石炭紀を生きたスギナの祖先は大きかったの記事で FPDM: 博物館の出版物「恐竜のくらした森 ―恐竜は花を見たか?」 恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク - 福井県勝山市 勝山ジオパークにある恐竜博物館で、恐竜時代の花についての本を購入した。 その本の16ページ目に生きていた化石メタセコイヤというページがある。 メタセコイヤは1941年に化石として発見されたが、 周りをよくよく見てみれば、7年後の1948年に現存の木が発見された という植物である。 メタセコイヤ...

Read More…

 

石炭紀を生きたスギナの祖先は大きかった

恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク 恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク - 福井県勝山市 恐竜博物館に訪れる前に事前準備として、 恐竜に関する書籍をある程度読んだ上で博物館に行った。 事前準備と展示の両方で時々目につく植物の進化の話。 博物館では以前植物に関する特別展示があったらしく、 博物館の書籍コーナーに特別展示の時に作成された書籍があったので、 購入して読んでみた。 FPDM: 博物館の出版物「恐竜のくらした森 ―恐竜は花を見たか?」 書籍のタ...

Read More…

 

紫色の葉のカタバミ

道端で時々葉が紫になっているカタバミを見つける。 紫といえばアントシアニンで、 アントシアニンといえば、光合成と成長のバランスが合わない時に調整に用いられるというイメージがある。 葉でアントシアニンを蓄積させる意味 夏の日射量が多くて、気温も高い時期に、 カタバミは自身を傷つける程光合成をしてしまうのか? と思ったけれども、 そうであればどこかに緑色の個所があっても良いはず。 これは常にアントシアニンをたくさん合成してしまう株なのか? と思い調べてみたところ、 ...

Read More…

 

攻めるアサガオ

何の変哲ないと言ったら失礼なので、 詳細はちゃんと書いておくと、 綺麗に管理されている針葉樹だけれども、 この木が珍しい変異種ではない(はず)の木があった。 この木のもう少し低いところを見てみたら、 ちょうど楕円で囲ったあたりだけれども、 楕円の左下のところでアサガオの花が咲いていた。 もう一度この枝を見て、 なぜ楕円で囲ったのかの理由を書くと、 楕円の左下から右上に向かって一本のつるが見えるだろう。 そう! このアサ...

Read More…

 

エノコロ、それはまるで犬の尻尾のようだ

お盆を終えたら急に涼しくなった。 まだ暑い日はあるだろうけれども、 一気に秋に向かう感が出てくるのがちょうどこの時期 こんな時期に特徴的なのが、 比較的大きなエノコログサが生えているというイメージがある。 風に揺られたエノコロの穂は、 和名で書くと狗尾草でイヌ(狗)の尾の様だと思い、エノコロと名付けた気持ちがよく分かる。 あまりにも風が強くて、 エノコロの穂の全体を撮影したものがデジカメに記録されていなくて、 下が切れたエノコロの穂の写真で妥協す...

Read More…

 

発根に関することをまとめてみると

前回の酵母エキス入り肥料の効果の記事で 酵母の細胞壁であるβ-グルカンの断片を植物が根から吸収すると発根が促進される。 という研究結果を見た。 酵母というのは単細胞のように振る舞っているが、 実際のところは細菌ではなく菌として扱われ、 ざっくりとしたまとめ方になるけれども、 大腸菌のような細菌ではなく、キノコのような菌類の方に分類されている。 菌と細菌について それを踏まえた上で、 今まで挙がってきた発根に関する内容をまとめてみる。 酸素供...

Read More…

 

アーバスキュラ菌根菌が好む環境を探る

前回のアーバスキュラ菌根菌の記事で、 アーバスキュラ菌根菌であるグロムスと共生すると、 宿主植物が利用できなかったリン酸や地中深いところの養分を利用できるようになる という内容を記載した。 菌類の土壌からの養分の吸収の仕組みは凄いものがあり、 鉱物質に吸いにくい微量要素は菌根菌を介してかもしれない。 銅の機能を活かした農薬、ボルドー液 そんな菌根菌だけれども、 菌である上、土壌中のことなので、栽培中の作物を抜いて確認ということがしにくい為、 感染のパターンだけ把握してお...

Read More…

 

アーバスキュラ菌根菌

先日、 施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせるの話から 菌根菌の話題になった。 菌根菌というのは、植物の根で共生するエンドファイトの一種で、 冒頭の記事で話題になっているネギでも共生が確認されている。 エンドファイトと呼ばれる菌たち 冒頭の記事のネギで菌根菌と共生関係を築いているかどうか?は置いといて、 今回の記事は菌根菌について触れておく。 菌根菌にはいくつかのタイプがあって、 植物の種類(果樹であるかとかランであるか)によって共生する菌は異なる...

Read More…

 

豪雨ニモマケズ、暴風ニモマケズ

川に来た。 二週間前の豪雨で今見えている場所はすべて見えなかった程増水した個所は、 今ではいつも通りの水位に戻っている。 見えている個所すべてが増水したということは、 目の前に見える草たちは浸水したわけだ。 これらの植物に寄ってみると、 川の流れに従って倒れていて、 上の方は緑の葉が残っている。 この草をよくよく見てみると、 根元の方では新しい脇芽が出ていた。 これを見て、 ただただ単純にこの草は強いな という感想を抱いた。 ...

Read More…

 

藪から出ないし、藪の内側へと突き進まない

梅雨を抜け、いきなり暑くなったので、 少しでも日陰をと思って藪沿いを歩いていた。 そんな時、 この植物が目についた。 ササの周りにつる性の植物が居たんだけれども、 なんかある程度伸長したつるが、 どういうわけか?Uターンし自身に巻きつき、 ある程度戻ったら上に向かって伸長し直している。 これは、 この植物が何らかの方法で藪から抜けたことに気がついて、 藪の中の背の高い植物に向かって方向転換したということだろうか? ...

Read More…