カテゴリー : 地形・地質

電子書籍の販売をはじめました
ブログ内検索
 

表層無機質中間泥炭土の周辺にあった石

玄武岩質的な土の客土の中にあった鮮やかな赤までで、 宮城県遠田郡涌谷町にある土質と、周辺の山の土質を見た。 話は再び露地に戻って、 周辺の畑の排水性の向上のために深く掘った時に出てきたらしい石があった。 地中から出てきたか、畑の端の方に基盤として使用されていたものなのか?は不明とのこと どちらにしろ、水田にあった、もしくは使用されていた石なので、 周辺で採石されたものを使用しているということで間違いないだろう。 この石をマジマジと見てみると、 ...

Read More…

 

玄武岩質的な土の客土の中にあった鮮やかな赤

山からの恵みを畑地へ 前回の記事で、ハウス内で客土した土で栽培していた作物が綺麗に生えそろっていて その土が安山岩・玄武岩質的岩石が風化して出来た黒ボク土であったことを記載した。 他にもハウスを見せていただくと 局所的に赤い箇所がある。 周辺に転がっていた石を見ると、 時々、黒っぽい石の表面が茶色くなっている。 この石は何なのだろう? 茶色くなっているのは赤錆と解釈して良いのだろうか? そして、 鮮やかな...

Read More…

 

山からの恵みを畑地へ

泥炭土は有機質土 前回、表層無機中間泥炭土という名称の土があるところの土を見た。 この畑の隣の隣で周辺の山から土を持ってきて客土をされている畑(ハウス栽培)があった。 この場所は元々グライ土らしいので、グライ土の上の表層に客土となる。 その畑というのがこれで、 見事に生えそろっている。 土は細かくて、茶色い。 バークや籾殻等を入れて更に軽くされていた。 ハウスがたくさんあって、 どのハウスを見ても、それは見事に綺麗に生えそろっていた。 ...

Read More…

 

泥炭土は有機質土

前回、東北地方の宮城県遠田郡涌谷町で泥炭土という土質の地域に行ったことを記載した。 東北へ そこでは 見たことあるような気がするんだけど、 なんか見たことがない土を見た。 これが泥炭土なのだろうか? 記録した地図を元に撮影した箇所の土質を調べてみるとやはり泥炭土とある。 しかもサブソイラで深く掘ったと言っていたので、 表層と深い層の土が混ざっているのだろうなと。 取り急ぎ、 泥炭土について調べてみると 基本的特性は 泥炭層(加湿地に繁茂した植物遺体...

Read More…

 

東北へ

先日の宮城県遠田郡涌谷町のうじいえ農場さんの社内勉強会に呼ばれ肥料の話をしましたで記載した通りで、 宮城県に行く機会ができました。 出身は神奈川で京都を拠点としている私にとって、 宮城県のある東北というのは今までほぼ縁がなかった土地で、 宮城県を含む東北は新境地みたいなものです。 宮城県の位置を地図で確認すると、 この辺り。 先日訪れた遠田群は仙台よりも北西に向かったところにある。 CC BY-SA 3.0, Link フォッサマグナ 糸魚川-静岡構造線...

Read More…

 

火山のあるところと再び京都夜久野高原の宝山に目を向けてみると

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク・大鹿村中央構造線博物館にて、 火山ができる場所について教えていただいた。 日本においての火山の形成は 日本列島誕生。フォッサマグナ 大陸のプレートと海のプレートがぶつかり、 海のプレートが沈み込んだところにマグマだまりができるのだけれども、 このマグマだまりが形成される位置というものが大体決まっていて、 プレートの沈み込み(海溝)からの距離に規則性があるとのこと。 (株式会社誠文堂新光社 / 年代で見る 日本の地質...

Read More…

 

再び四国徳島の三波川帯へと目を向けてみると

以前、四国徳島の吉野川付近に緑色の石が多くて、 これは三波川変成帯という地質によるものだと記載した。 この時はまだ三波川帯というものがわかっていなくて、 海のプレートが大陸のプレートの下を潜るように沈み込みをした際に、 プレートの間にある高圧の環境で変成を受けた後、地殻変動によって隆起した という内容を記載したけれども、 吉野川よりも南側の地域を見ないで、吉野川付近だけが変成して隆起したように見える。 実際はそうではないことを、 日本列島がまだ大陸...

Read More…

 

日本列島がまだ大陸内にあった頃に形成された中央構造線

大鹿村の中央構造線安康露頭 1億年程前、 まだ今の日本列島はユーラシア大陸の端にあって、 恐竜が闊歩していた頃、 大陸側のユーラシアプレートと海洋側の太平洋プレートがぶつかって中央構造線を形成した。 ※この頃はまだフィリピンプレートがなかったらしい。 太平洋プレートは、南の方で形成された玄武岩、石灰岩やチャートを大陸側へと運び ※中央構造線博物館内で展示されていた模型より 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク・大鹿村中央構造線博物館 中央構造...

Read More…

 

大鹿村の中央構造線安康露頭

大鹿村というところで、 中央構造線が露頭している箇所を見てきた。 大鹿村というのは、 長野県の南部にあたる。 今回見てきた中央構造線というのは、 中国側のユーラシアプレートと、 フィリピンプレートがぶつかった時に出来た南北を分ける大きな断層の事を指す。 矢印で示した箇所の左側が大陸側の花崗岩の破砕岩で日本の北(内帯:ないたいと呼ぶ)になり、 右側が緑色岩(付加体)の破砕岩で日本の南(外帯:がいたいと呼ぶ)になる。 境界から各々の向きを...

Read More…

 

白鬚神社の磐座

琵琶湖の湖西を大津から北に向かって走ると、 右側に見える琵琶湖に鳥居があるのが見える。 ここは白鬚神社という神社で、 滋賀県に古くからある神社の一つらしい。 道路を中心に見据え鳥居と逆側に神社の本殿がある。 本殿の近くには急な階段があり、 少し山を登ると、 磐座(いわくら)として巨岩が祀られていた。 いわくらとチャート 山を登った先に巨岩がある。 巨岩は何人もの人であっても少し高いところであっても運ぶのが困難で、 困難が故に山に岩があるこ...

Read More…

 

洞窟の中で黄色くなっても生きる草と出会う

先日行った質志鍾乳洞。 写真を見ての通りなかなかの深さだ。 京丹波の質志鍾乳洞 鍾乳洞は安全に歩けるようになのか? 鍾乳石を見やすくするためなのか? ところどころに照明があるわけで、 その照明で照らされたところには 植物が生える。 いったい、これらの植物らのタネはどこから来たのだろう? 洞窟内にコウモリがいたので、 コウモリが持ってきたのだろうか? それとも人が入ってくる時に衣類や靴についていたものだろうか? いやいや、写真の箇所までそ...

Read More…

 

京丹波の質志鍾乳洞

先日、仕事で綾部方面に向かった帰りに 京丹波にある質志(しずし)鍾乳洞に立ち寄った。 この鍾乳洞はとても急傾斜で、 壁にかかったはしごを降りて洞窟の奥深くに行く。 洞窟内は湿って滑りやすくなっているので、 はしごを降りるのはなかなか怖いものがある。 鍾乳洞であるため、 当然この洞窟のある山は石灰岩で出来ていて、 石灰岩が空洞上に溶けたから洞窟になる。 地質図を確認してみると、 20万分の1日本シームレス地質図 付加体となっていた。...

Read More…

 

ヒスイ輝石のあるところ

ヒスイ輝石発見の地、小滝川ヒスイ峡 前回の話で小滝川でヒスイ輝石が発見されたのが昭和初期で 発見前は近隣住民は普段使っているまな板が宝石だと思わずに使い勝手の良い石として活用していた。 発見前までは日本にヒスイ輝石があるかないかという議論がされていた程、 そして発見後は ヒスイ輝石がこのような扱いになる程、 ヒスイ輝石というものは珍しいものである。 この発見された糸魚川-静岡構造線自体が珍しい土地。 ヒスイ輝石の発見と合わせると更にフォッサマグナの理解が深...

Read More…

 

ヒスイ輝石発見の地、小滝川ヒスイ峡

フォッサマグナと地すべりと農業 先日話題に挙げたフォッサマグナミュージアム この写真に写っている この石は翡翠(ヒスイ)という宝石を含む岩らしい。 ヒスイというのはヒスイ輝石と呼ばれる鉱物で、 歴史の序盤で出てくる古墳時代あたりの勾玉の原料に当たるらしい。 ヒスイ輝石 - Wikipedia 勾玉 - Wikipedia なんでこの話題を出したか?というと、 この糸魚川市にはフォッサマグナの糸魚川-静岡構造線という大発見以外でも、...

Read More…

 

フォッサマグナと地すべりと農業

フォッサマグナ 糸魚川-静岡構造線 糸魚川-静岡構造線が観測できる断層があるフォッサマグナパークから北へ6km程進むと、 フォッサマグナミュージアムという博物館がある。 この博物館で、 よくわかる糸魚川の大地のなりたちという本を購入して読んでみた。 この本の中に興味深い話があった。 フォッサマグナと生活というテーマの一つの話としてフォッサマグナと地すべりという話題があった。 そこには フォッサマグナは全国屈指の地すべり多発地域です。フォッサ...

Read More…

 

フォッサマグナから考える日本の農業

今回の話を始める前に小話を2つ 事業を行う上でよくある話で、 問題は小さいうちに潰しておけというものがある。 経営を行うにあたって、時々発生する問題は組織が小さいうちに解決しておかないと、 解決しないで事業を進め事業が大きくなるに従ってその問題を解決するために多くの人や経費を投入しなければならなくなる。 事務の効率化や自転車操業からの脱却としてこの話題はよく挙がる。 次に師の元で栽培を学んでいた時によくあった話 営農において、東で研修を受けた方が西で就農すると破産しやすく、...

Read More…

 

日本列島誕生。フォッサマグナ

フォッサマグナ 糸魚川-静岡構造線 日本列島誕生。大陸からの分離 前回、日本列島の誕生として、ユーラシア大陸の東端で大陸のプレートと海のプレートがぶつかり、 大陸の東端が分離した。 分離した島は2つに分断されて、徐々に大陸から離れていった という話を記載した。 2つに分断された島は 一つはユーラシアプレートの上に載り、 もう一つは北アメリカプレートの上に載る。 この2つの島はプレートの衝突という形で接近する。 この時に、 西日本と東日本の...

Read More…

 

日本列島誕生。大陸からの分離

フォッサマグナ 糸魚川-静岡構造線 前回の記事でフォッサマグナの北西の箇所にある断層に行った という内容を記載した。 フォッサマグナを簡単にまとめると CC BY-SA 3.0, Link 上の地図でいうところの薄い赤の箇所に大きな溝があって、 その溝に年代の新しい火山灰が堆積しているというもの。 唐突に大きな溝と記載されても、 静岡を通過したことがある人からみたらピンとこないだろう。 というわけで、 日本列島の成り立ちから見ていくことにする。 ...

Read More…

 

フォッサマグナ 糸魚川-静岡構造線

長野県の栄村小滝集落で東西と、栽培と畜産の家畜糞処理の事を話しましたで長野と新潟の県境に訪れた。 新潟に来たらどうしても行きたいところがあった。 それは、 ※写真下部の中央に白い白線があり、この両端で地質が異なる フォッサマグナの糸魚川-静岡構造線だ。 ということで帰りに寄ってきた。 上の写真の場所は新潟県糸魚川市にあるフォッサマグナパークというところにあり、 ナウマンゾウで有名なナウマン博士が発見した西日本と東日本を分ける境界線みたいなものだ。 CC B...

Read More…

 

苗場山麓ジオパークの小滝四ツ廻りの運河跡

長野の栄村小滝集落の米づくり前編 先日訪れた長野県の栄村は収穫できる米が美味しいだけでなく、 苗場山麓ジオパークとして登録されている地域でもある。 ※苗場山麓ジオパークは新潟の津南から長野の栄村までの地域一帯を指す 苗場山麓ジオパーク ジオパークといえば、地球のことが学べる地形を保存しつつ公開しようという取り組みで、 今まで訪れた中では、 兵庫の玄武洞、鳥取砂丘や浦富海岸(どちらも山陰海岸ジオパークになる)がある。 赤土の理解のために玄武洞へ 浦富海岸で大きな花崗岩と出...

Read More…