カテゴリー : 堆肥・肥料

今まで行った勉強会の内容は勉強会・講演のページをご覧ください。
栽培の勉強会の講師をご希望の方は下記の株式会社京都農販へお問い合わせください。
京都から日本の農業を支える 株式会社京都農販
ブログ内検索
 

余分な養分は緑肥に吸わせろ。石灰過多の場合

余分な養分は緑肥に吸わせろ。リン過剰の場合までで、 土壌分析の結果で高ECやリン酸過多は緑肥に吸収させ、 すき込んで土に還すと団粒構造の成分として安定して、 過多による悪影響は減るだろうという予想が出来た。 今まで話題に挙げたもの以外で過多になりやすいものとして、 炭酸石灰(リン酸石灰も含む)と硫酸石灰があるけれども、 これらはどうだろう? 老朽化水田は文字通り泥沼 緑肥は密集させることにより効果を発揮する上、 根がしっかりと生えるものを選択するので、 作中や...

Read More…

 

余分な養分は緑肥に吸わせろ。リン過剰の場合

前回までのあらすじ 土壌分析の結果である値が極端に高い場合、 それを緑肥をかますことで改善を試みるとして、 緑肥に過剰な養分を吸わせて、その緑肥をすき込むと、 結果的に過剰な養分は土に還ってしまうのはないか? それに対して、 吸収された養分が体内でどのように変化し、 それが土壌の鉱物と接することでどのようになるのか? そのような視点で見ると、 高EC(硝酸態窒素が多い)の場合は団粒構造の一部となるんだろうな。 というところまでが前回の話 余分な養分は緑肥に吸わせろ。...

Read More…

 

余分な養分は緑肥に吸わせろ。高ECの場合

前回のあらすじ 土壌分析で特定の値が過剰であった場合、 一作休んで緑肥をかますことによって緑肥に過剰な養分を吸わせたとする。 その緑肥をすき込んだら、過剰な養分は土に還って結局同じではないか? という話題が挙がった。 結果は違っていて、 何故違うのか?を丁寧に考えていこう。 土壌の余剰な養分は緑肥に吸わせろ 続・もう、牛糞で土作りなんて止めようよ 今回はECが吹っ切れている場合を考えたい。 ECが高くなる要因は即効性の水溶性の肥料分を多用した場合で、 ...

Read More…

 

土壌の余剰な養分は緑肥に吸わせろ

緑肥の話をしていたら、 下記のような話題が挙がった。 緑肥を使いこなす 例えば、 続・もう、牛糞で土作りなんて止めようよ 土壌分析である値が極端に高かったとする。 その分析結果に対して 栽培と畜産の未来のために補足 一作分、緑肥をかまして、 緑肥に余剰分の養分を吸わせて、その緑肥をすき込んだら、 結果吸わせた養分がそのまま土に入ってしまって、 ほぼ結果は変わらないのではないか?と。 しかし、 予想に反して、土のコンディションは緑肥をかます...

Read More…

 

とある地域で白絹病が蔓延

とある地域で白絹病が蔓延しているという連絡があった。 作物名を明記すると地域を特定できてしまうため、 作物名は控えさせていただきます。 白絹病をざっくりと書くと、 (写真:野菜に病原性を示す Sclerotium 属菌 微生物遺伝資源利用マニュアル (32)(2012)の2ページより引用) 写真のように根の周りに絹っぽい菌糸がまとわりつくように広がり、 根、茎が水浸状に軟化腐敗した後、重症な株は枯死する。 様々な作物に対して影響を与え、 果菜類では深刻な被害と...

Read More…

 

秋晴れの午後に木の根元にキノコたち

近所にある公園の木の根元で、 キノコが大量に発生していた。 キノコが大量に発生していたのはこの木だけではなく、 周辺の木にも同様にキノコが発生していた。 撮影した日はいわゆる秋晴れと呼ばれる日で、 その日までの天気をしばらく思い返してみても、 晴れの日が続いていた。 今はキノコが生えやすい季節なのだろうか? 9月中盤を越え、朝露が多い季節にはなったけど、 この写真を撮影したのは夕方前だ。 朝露による湿り気はない。 この記事で何が言いたいかと言...

Read More…

 

土壌分析アプリSoil3 on SOY Shop

以前から開発していた土壌分析アプリSoil2ですが、 調査を兼ねて大幅に改修してSoil3を開発しました。 ※Soil3はSOY Shopのマイページの拡張として動作します 土壌分析アプリsoil2 by Go Soil3でできることをまとめると、 事業所や各ほ場を登録し、 住所、面積やGoogle Mapsと連動して、位置情報とストリートビューの向きを設定する。 これによりアプリを介して畑の土の色や周囲の情報を現地に行かずともある程度把握することができる。 ...

Read More…

 

家畜糞は堆肥熟成の起爆剤と成り得るか?

まずは上から圧をかける 籾殻や、 枝は腐植になるか? 枝葉といった有機物から堆肥を作る時、 微生物を活発化させる窒素源として牛糞なり鶏糞を混ぜておく という話を良く聞く。 この話を聞く度にいつも不思議に思うことがある。 なんで枝葉みたいな構造の大きなものを分解させる時の起爆剤として、 カロリーの少ない窒素分が主体の資材を活用するのだろう?と おそらくこれは、 NPKという概念の弊害だろうと考えている。 肥料成分としての窒素(N) 鶏糞を例にとる...

Read More…

 

培土に含まれる白い粒

昨日、ハウス内で10分程、人が来るのを待っていたので、 足元にあった培土を見ていた。 培土というのは、 こんな感じでセルトレイと呼ばれるところにタネを蒔いて、 育苗施設等で一括管理して、 ある程度の苗になったら畑に植える。 このセルなりポットに入れる土を培土と呼んでいる。 でだ、 培土をまじまじと見てみると、 ほとんどが後に腐植になりそう(もしくはもうなっている)軟らかい木質系の資材が大半で、 鉱物系は白い粒しか見られない。 土壌...

Read More…

 

ラッカセイの殻を土にすばやく還したい

ベランダにプランタを置いて、 生ゴミを土に還している。 もちろん臭いは気にしているので、 生ゴミを捨てる際は深く掘って埋めている。 そんな中でやってしまったのが、 ラッカセイの殻を入れすぎたことだろう。 ラッカセイの殻は軽いので、すぐにプランタ表層に現れる。 これは当たり前で、 ラッカセイの殻は隙間が多いので、 隙間の間に土が落ちていくから、 必然的にラッカセイが上の方に持ち上がる。 ラッカセイの殻による隙間の多さのため、 土の中に空気が入りす...

Read More…

 

黒ボク土は栽培しにくかった土なのか?後編

黒ボク土は栽培しにくかった土なのか?前編 前回、 黒ボク土は腐植が多く物理性には富んでいるけれども栽培しにくい土だとされていたけれども、 その感覚に違和感があることを記載した。 黒ボク土は養分が少なく、 アルミニウムが溶脱しやすいから栽培しにくいという。 黒ボク土は本当に良い土なのか?後編 おそらく土自体が養分に富んでいる土地はほぼないだろう。 山からの水に養分が富んでいるかどうか?が養分の有無に影響を与えているだろうから、 平野の黒ボク土であれば養分は少ないことは...

Read More…

 

黒ボク土は栽培しにくかった土なのか?前編

南九州の黒ボク土 神奈川県の新横浜付近にある畑の色 鹿児島や横浜の黒ボク土の地域や、 黒ボクの条件を必死に再現しようとして試行錯誤している土質を見て思った。 学生の頃や栽培に関わり始めてから出てくる話題として、 火山灰由来の黒ボクは腐植に富んで、保水性、排水性が高いけれども、 土自体には養分が少なく、アルミニウム障害が起こりやすいから栽培しにくいと。 土壌の酸性具合に気を付けろ おそらく関東にずっと居続けていれば何も違和感を感じなかっただろうけれども、 関西...

Read More…

 

白い石に黒の除去を託す

南九州の黒ボク土 前回の記事で、鹿児島の南九州市でこれぞ黒ボク土というぐらい黒い土と出会った。 諸々の畑を回っている時に、 土壌改良がうまくいかなかったのか? 土が締まって、少し掘るとぬかってすぐにこねてしまう土が出てくる畑があった。 ここの畑で、 やたらと白い石を見かけた。 この石はぬかるんでいる土の改良として投入した改良材らしいけど、 これをよくよく見てみると、 白い石でありながら表面が発泡している。 スコリアという多孔...

Read More…

 

アミノ酸肥料には動物性と植物性があるけれど

先日、下記のような話になった。 アミノ酸の液肥は動物性と植物性があるけれども、違いは何か? 京都農販で取り扱っているアミノ酸の液肥は、 動物性はゼラチンを加水分解したもの。 植物性はサトウキビの絞った残りを圧縮して発酵したもの。 ※植物性には他にコーンスターチがある。 タンパクを形成するペプチド結合 匠に使い分けている方の野菜はとても美味いらしい。 実際に市場に出せない品質のトマトを頂いたことがあるけれども、 これが市場に出せないのか?という程、 いや、今まで食べた中...

Read More…

 

葉面散布と尿素

大雨が続きますねで大雨のことを書いた。 雷雨時の窒素固定?の前に話は大きく変わるけど葉面散布について書いておきたい。 葉面散布とは作物の栽培時に、肥料成分を溶かした溶液を葉に対して散布して、 葉から養分を吸収させる仕組みである。 つまりは葉からも何らかの養分を吸収できる仕組みがあることになる。 散布の際の肥料の濃度は世間でノウハウがかなり溜まっているから、 そのノウハウに従うということでここでは一切触れません。 ここで触れたい内容は葉からの吸収に関することで...

Read More…

 

牛糞堆肥が良いと広まったのは何故なのか?を考えてみる

もう、牛糞で土作りなんて止めようよシリーズで 牛糞堆肥で土作りをすると秀品率が下がりつつ、経費が上がるということを散々書いてきたら、 SNSや掲示板で偏見だとか声の大きなやつがといったことが書かれているのが時々目に付く。 牛糞堆肥でこだわりの土作りをしている方で年々収量を落として、 下手すると経営が傾きかかっていることすら起こっている。 常識を疑うようなとんでもなく良い現象が起こっていう畑も見かけない。 ここで気になるのが 何故こんなにも牛糞堆肥が土作りにとって良いという話...

Read More…

 

原価と投資、肥料はどちらで見るべきか?

先日、工業製品を製造しているメーカーの方と話をしていて、 その時に話題になったことでも ※今回の話は実際の数字を元にざっくりとした比にしています。 施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる 先日、旬でないネギを防除回数一回で収穫までいけた畑の話になって、 施肥設計を徹底的に検討すると農薬の散布回数が減るという話題で、 これって産業的に見たら興味深い話だなと。 たとえば、栽培して収穫するまでの過程を産業のものづくりに例えると、 栽培の原材料はタネ、肥料と農薬...

Read More…

 

施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる

顧問として関わっている京都農販のほ場で信じられない光景を見た。 それは、 旬でない時期のネギにも関わらず、 農薬による防除が1回で収穫まで行き着いたことだ! この防除一回というのは、アザミウマという虫による食害を回避するためのもの。 病気に対しての農薬の使用は一切行っていない。 この話の何がすごいのか?を伝えるために、 ネギの栽培の一般的な話をしよう。 ちなみに匠レベルにまで到達した有機栽培の土であっても、 旬でない時期の作物の栽培を農薬なしで栽培す...

Read More…

 

米ぬかボカシを作ろう!仕込んでみる!再撮影

前に米ぬかボカシを作ろう!仕込んでみる!という記事で米ぬかボカシの仕込みの動画を投稿しました。 が! 動画の音声が悪いということで意味不明な誹謗中傷コメントがたくさんありました。 ※内容があまりにもひどいものは削除しました。 というわけで、改めて動画を撮影してみました。 前回問題だった音声に関しては下記の記事の内容で対応しています。 FFmpegとAudacityで動画の音声の調整に挑戦! 前回同様、これから紹介するボカシの配合は、 私の栽培の師である青木伸一さんが試...

Read More…

 

鳥取の砂丘未熟土での栽培

ちょうど9年前 私はある人に付き添い、島根県のベビーリーフの栽培者のところに行く時、 道中の鳥取で神奈川育ち、京都在住の身では信じられない光景を見た。 それは、 ※らっきょう畑 海岸の砂地みたいなところで栽培が成立しているということ。 当時、何か工夫をしていないか?と一緒にいた人とここの地域を周り、 畑で作業をしている方から色々と聞いたものだ。 栽培している方から話を聞きに行くために移動している最中、 ある作物がやたらと育てられていることにも気が付い...

Read More…